好きな魚を追究すれば骨格に辿り着く

お魚

魚のことに興味を持つきっかけは人それぞれです。和食の店で海鮮料理を食べてそのおいしさに感動し、サカナの料理が好きになって、食材として関心を持つようになる人もいれば、水族館で優雅に泳ぐ姿を見て癒されたり、エサを捕食するときの行動を面白いと思って、その容姿や行動に関心を持つようになる人もいます。その食材としての魅力に関心を持つようになる人の中には、新鮮なサカナを自分で調達したくなって釣りをはじめてみたり、欲しいサカナを自分の目で選ぼうとわざわざ市場にまで足を運んで買ってみたりする人が出てきたりします。一方、その容姿や行動に面白みを感じる人の中には、ダイバーの免許を取って自分で海に潜り、自然の中での行動をカメラに収めたり、実際に水槽で飼って眺めてみたりする人も出てきます。サカナに対する興味の持ち方は、人それぞれです。いろいろな面から日本独自の文化である魚文化に関心を寄せて、自分なりにテーマを持って追求していきたくなるのです。
そんな中、学術面からサカナに関心を寄せて、深く追究してみたいという人も出てきます。サカナがどのような進化をたどりどのように分類されるかなどに興味を持ち、生態や行動を研究したいと思うのです。このような人は、自分でも水槽で飼って観察し、死んだら骨格の標本を作ったりします。このタイプのサカナ好きは、その鰭の数や骨格など、ほかのファンとは違うことに関心を持つことが多いのです。そのきっかけは、自分の好きなサカナをより追究していきたいという気持ちのようです。サカナは、その骨格や鰭の数などに注目すると、どのような進化を遂げてきて、どのように分類されるのか分かりやすくなります。自分の好きなサカナのすべてを知りたいという気持ちがそういったことへの興味を生むのでしょう。
このように、サカナへの関心の寄せ方は人によって異なるものですが、それぞれが持つサカナに関しての知識は、いろいろな分野に活かされるようになります。たとえば、おいしい海鮮料理を食べたいと思って新鮮なサカナを求めて釣りをすれば、サカナの生態や行動を知っていれば釣りに大いに役立ちます。また、魚市場で目利きする場合も、そのサカナを実際に海の中で見たことがあれば、新鮮であるか見抜くことは簡単です。また、逆に、サカナの料理ファンが水族館デートをすれば、目の前にいるサカナのおいしい料理法を紹介できて、デートも盛り上がるかもしれません。それに、サカナの骨格に詳しい研究者は、ハモの骨の構造までよく知っているので、自分で骨切りができて、おいしいハモ料理ができるようになるということあるかもしれません。

都心でおしゃれ物件と言えば!1Kの一人暮らし・2人入居もOK!一人暮らしデザイナーズ賃貸をチェック!

お魚
居酒屋などで魚の刺身を入手する方法

居酒屋の経営を考えている方の場合では、魚の刺身をメニューとして必要に感じている方が多いものです。居酒 …

お魚
魚を捌くことができない人が増えました

魚は新鮮なものを自分で捌いて食べるのが最もおいしい食べ方であると考えていますが、最近では包丁を上手に …

お魚
魚は種類によってさばき方が違う

魚を調理する際には、一尾丸ごと買ってきたのであればさばかなければいけません。その際には魚の種類によっ …