魚の美味しい締め方

お魚

おしゃれ物件で念願の不動産収入を!「【次世代の収益モデル】デザイナーズ賃貸マンションの一人暮らし」はこちらから。

魚を締める理由は鮮度を保つためです。狭い場所、例えば釣り場でのクーラーボックスの中では魚もストレスを感じ鮮度が下がります。締め方にも色々ありますが、今回は釣り場での氷締めについて説明します。
氷締めとは海水に氷をたっぷり入れた潮氷と呼ばれる物を作り、釣った魚をその中に入れて一瞬で殺す締めかたです。アジやサヨリなどの小型の魚種には、手軽で確実に鮮度が保てるのでおすすめの締め方です。また血液が身にまわり、臭みや味の劣化を引き起こし、美味しさを損なう原因となりますので、人によっては小型の魚も血抜きをしたり、神経締めと呼ばれる締め方をされるようですが、道具もいりますしテクニックも必要ですので、ここはやはり氷締めが簡単でやりやすい方法だと思います。ですが注意点もあります。それは氷が溶けて海水の塩分濃度が下がることです。真水と海水では浸透圧が違うため、海水が薄まると水を吸って美味しくなくなってしまうため、海水か塩を足す必要があります。淡水魚なら問題ありませんが海水魚では気をつけなくてはなりません。また冷やし過ぎも逆効果です。魚の保存に適した温度は5~10度位なので、冷やしすぎても味が落ちます。そこで、鮮度を保つための効果的な氷締めの方法を考えてみましょう。
まず氷自体を海水で作る方法です。これなら海水が薄まることはありません。ですが事前に海に行き海水を汲んでくる手間がかかるうえ、冷凍庫を占領してしまうため家族の冷たい視線に耐えなければならないのが辛いところです。そこでコンビニの登場です。コンビニには袋に入った氷が売ってありますが、これを使えば、たとえ溶けても海水と混ざることもなく鮮度を保てますので、釣り場に行く前に飲み物や軽食と一緒に買っていけば良いのです。現地に着いたらさっそく海水を汲んで袋入りの氷と一緒にクーラーにいれましょう。釣りの準備をしている間に潮氷の完成です。水温が下がりすぎと感じたら袋を取り出せばよいですし、帰る時は海水を捨てて袋入りの氷を入れておけば、クーラーも多少は軽くなり持ち運びしやすくなります。しかも氷は袋入りですから、冷凍庫に入れておけば再利用可能です。もう一つの方法として
は、ペットボトルに水を入れて凍らせておくという手があります。こちらも上記と同じような感じですが、さらに経済的で手軽な方法といえるでしょう。
以上、氷締めについてお話ししましたが、大切なことは真水に浸さないということです。特にイカは絶対に真水に浸してはだめです。色落ちして見た目も味も落ちてしまいます。

お魚
食中毒を起こすアニサキスと魚自体の毒

春のカツオ、夏のスルメイカ、秋のさんま、冬のあんこうなど、四季折々の旬の魚介類は大変に美味しいもので …

お魚
魚はさばく方法でいろいろ料理が楽しめる

魚はその種類によって、さまざまにさばく方法があります。また料理の仕方によっても、いろいろとさばく方法 …

お魚
居酒屋などで魚の刺身を入手する方法

居酒屋の経営を考えている方の場合では、魚の刺身をメニューとして必要に感じている方が多いものです。居酒 …