魚を捌くことができない人が増えました

お魚

魚は新鮮なものを自分で捌いて食べるのが最もおいしい食べ方であると考えていますが、最近では包丁を上手に使える人が減り魚を上手に捌くことができない人も非常に増えています。一般家庭だけでなく、最近では魚屋でもできないと言う人が増えているのは非常に困ったものです。

その原因は業務用食材の普及にあります。多くのお店が調理時間を短縮するためにあらかじめ捌いてある魚を欲しがるようになったことから、だんだんと飲食店でもお店の中で魚を捌くことがなくなり、結果として飲食店で調理を行っている人でも魚を捌いたことのある人が減っているのです。これは新鮮なものを売るのが商売の魚屋にとってはあまり望ましいことではありませんが、時代の流れとして便利な世の中になっていることから、全体的には非常に好ましいことなのかもしれません。

都内で物件を探している方はこちら。東京オリンピック前に、一人暮らしのデザイナーズ賃貸マンションも参考にしてみてくださいね。

あらかじめ下ごしらえをしてお客様に提供するのはこれまで新鮮な食材を提供する店の仕事でしたが、最近ではとれたてのものを工場でさばきそのまま下ごしらえをして飲食店や家庭まで直送する業務用食材が非常に人気となっています。新鮮なものをそのまま下ごしらえをするので鮮度が維持できるほか、途中の流通経路も全て省くために価格も非常に安く提供できることから、価格競争が激しい飲食店では材料費の削減と人件費の削減を両方同時に行うことができるとして広く利用されているものとなっています。そのため工場から下ごしらえができたものが新鮮な状態でお店まで届けられると言う事は、その新鮮な状態のままでお店のお客さまに提供できるということになるので、食文化の観点からは非常にメリットの高いものとなっています。最近では野菜も業務用食材が多く利用されるようになっているため、八百屋も思うように売り上げが上がらないと言う話も聞きます。そのほとんどは業務用食材が非常に新鮮であることや、自分で捌くと言うことが必要ないため調理の時間がかからないと言うことも飲食店にとって大きなメリットであるほか、最近では家庭でもこれらの食材を利用して短い時間でおいしい料理が作れることがわかったために利用する人が増えていると言う実態があります。またさらに業務用食材の調達は以前は大量に購入する飲食店などしかできなかったのですが、最近はこれらの食材を小分けにして販売する業者も非常に増えていることから、一般の人でも簡単に購入できるようになったことで八百屋や魚屋といった食材を販売するお店が少なくなっている傾向にあります。自分で好きなように捌いたほうがおいしい料理を作れるとも思うのですが、業務用食材の新鮮さと手間がかからないメリットにはかなわない面もあります。

お魚
魚は種類によってさばき方が違う

魚を調理する際には、一尾丸ごと買ってきたのであればさばかなければいけません。その際には魚の種類によっ …

お魚
食中毒を起こすアニサキスと魚自体の毒

春のカツオ、夏のスルメイカ、秋のさんま、冬のあんこうなど、四季折々の旬の魚介類は大変に美味しいもので …

お魚
魚はさばく方法でいろいろ料理が楽しめる

魚はその種類によって、さまざまにさばく方法があります。また料理の仕方によっても、いろいろとさばく方法 …