魚の塩焼きをフライパンで作る

お魚

魚は色々な調理方法がありますが、旬のものはシンプルに塩焼きで食べるのもおいしいです。塩のしょっぱさが魚のおいしさを引き立ててくれて、シンプルなのに旨みを感じることができるので食事にもお酒のつまみにもなる料理です。
魚を焼くときには専用のもので焼く、もしくはグリルで焼く人が多いですが、実はフライパンで焼くこともできます。シンプルな塩焼きだからこそしっかりとおいしく焼くことができるような料理を作ることが大切です。オーブンレンジなどで焼くこともできますが、やはり直接火を使って焼くほうがおいしいという人もいますし、シンプルな味が一番いいという人もいます。

こちらもチェック!おしゃれな部屋に住みたい!一人暮らしの賃貸デザイナーズ物件も参考にてみてくださいね。

例えば真鱈の塩焼きを作るときにはフライパンを使って焼くこともできます。
材料は2人分で
生の切り身の鱈2枚、塩少々、魚焼き用アルミホイルのフライパンサイズのもの、大根おろしは好みで、付け合わせ野菜も用意しておくといいです。ポン酢醤油を適量、レモンかスダチ適量です。作り方もシンプルです。まず鱈の切り身に皮と表面の両方に塩をふりかけておきます。時間がある時なら30分ほど冷蔵庫に入れて味を馴染むようにするといいです。塩を振って最低でも10分から15分はおくようにしましょう。身が締まっておいしくなります。
それからフライパンに魚焼き用ホイルを敷き、火を付けてフライパンを熱してから皮を上にして並べ、蓋をして蒸し焼きにします。数分たったら魚が白っぽくなるので、そうなったらひっくり返します。ひっくり返したら蓋はせずに魚から出た水分を飛ばすように火力調節をしながら焼いていきます。焼けたら器に盛り付けて大根おろしをたっぷりと添えてポン酢醤油をつけて食べるだけです。有れば、レモン汁をかけてもおいしいです。

旬の魚を塩焼きで食べるのもいいです。
さんまの塩焼きはシンプルなのに脂をしっかりと感じることができるのでおすすめです。さんまや真鯛以外にもブリを塩でさっと焼いてもおいしく食べられます。白身などのさっぱりとした味のもの、脂ののっているものなども塩のみというシンプルな味付けなのであっさりとおいしい料理として食卓に出すことができます。
難しい工程などもないのでそのままさっと焼き立てを出すのもいいです。塩味なので大根おろしをそえて醤油やポン酢をかけてご飯と食べてもいいし、お酒のつまみとしてゆっくりと味わいながら食べるのも贅沢です。どんなたんぱくな味でもすっきりしているのに味を感じられる調理方法です。

お魚
食中毒を起こすアニサキスと魚自体の毒

春のカツオ、夏のスルメイカ、秋のさんま、冬のあんこうなど、四季折々の旬の魚介類は大変に美味しいもので …

お魚
魚はさばく方法でいろいろ料理が楽しめる

魚はその種類によって、さまざまにさばく方法があります。また料理の仕方によっても、いろいろとさばく方法 …

お魚
居酒屋などで魚の刺身を入手する方法

居酒屋の経営を考えている方の場合では、魚の刺身をメニューとして必要に感じている方が多いものです。居酒 …